キーポイント:リスティング改善アプローチ

Administrator
1,125 閲覧数

高評価のホストは、リスティングの作成に終わりがないことを知っており、常に改善方法を模索しています。そのヒントをご紹介しましょう。ホストのみなさまは、時が経つにつれ、お部屋、ご自身のホスティングスタイル、ゲストのニーズについて理解を深めていくことができます。ゲストに人気の特徴やお部屋の変更点についての説明をリスティングに加えることで、域内での競争力を高めることができ、予約数とゲストの満足度アップにつながります。

 

何からはじめていいかわからない!という方のために、いくつかヒントをご紹介します。

 

素敵な写真を載せましょう

リスティングで写真は極めて重要です。ゲストは、たとえお部屋の説明文を読まなくても、掲載された写真はほぼ確実に見ます(しかもじっくりと)。最近お部屋の模様替えをした、アメニティ・設備の追加をした、あるいは写真撮影に時間と予算をかけられる、という状況なら、ぜひ新しい写真の掲載を検討しましょう。

 

  • カバー写真に力を入れましょう。カバー写真は検索画面ではじめに表示される写真ですので、ゲストの目を引くとっておきの1枚を用意しましょう。
  • 簡潔なキャプションをつけましょう。ゲストは写真を見ながら、主寝室のベッドがキングサイズ、キッチンに高級エスプレッソマシンがあるなど、お部屋に関する重要な情報を確認していきます。
  • プロのような写真を撮りましょう。スマートフォンしか撮影手段がなくても、リスティングの写真を改善する方法はたくさんあります。写真で差をつける5つのヒントを参考にして、素敵な写真を撮りましょう。

 

リスティングの詳細を見直しましょう

基本的には、リスティングの詳細を正確かつ最新の状態に保つことが大切です。たとえば、共用プールが利用できなくなり、リスティングにプールのことが言及されていた場合は、その部分を忘れずに削除しましょう。基本情報以外にも、時折、説明文を微調整することをおすすめします。

 

  • 説明文は簡潔にしましょう。あまり細かい説明は読んでもらえない可能性がありますので、ゲストの関心が最も高い項目に的を絞りましょう。また、アメニティ・設備の欄に既に記載したものについては、重複して書かないようにします。
  • ご自身のホスティングスタイルをアピールしましょう。これまでの経験で、ご自身のおもてなしスタイルが掴めてきたことと思います。 リスティングの説明文をとおして、ためらわず個性をアピールしましょう。 
  • どんなゲストに来てほしいかを念頭に書きましょう。これまでに家族連れや出張者をホスティングしたことがあれば、そのようなゲストに合わせてトーンを調整し、最も魅力的な特色を強調します。

 

新しいアメニティ・設備を追加しましょう

ヘアドライヤーが欲しいとゲストに言われましたか?やかんがなかったとレビューに書かれましたか?このような役立つフィードバックを参考に、新たに購入するアイテムを決め、購入後は必ずアメニティ・設備リストを更新しましょう。ゲストに最も喜ばれるアメニティ・設備のいくつかを下記にご紹介します。

 

  • 基本設備:テレビ、ケーブルテレビ、インターネット、エアコン、暖房器具、洗濯機、乾燥機、アイロン、ノートパソコン使用に適した仕事スペース
  • 寝室と浴室:ハンガー、ヘアドライヤー、石鹸、トイレットペーパー、シーツ類、余分の枕と毛布
  • キッチン:電子レンジ、コーヒーメーカー、冷蔵庫、食器洗い機、食器とカトラリー、基本的な調理器具、オーブン、コンロ、ティーポット

 

料金設定を再確認しましょう

新しいホストの多くは、市場平均より低い価格設定でゲストを引きつけます。ホスティング開始からしばらく経ち、良いレビューをもらって軌道に乗ってきたら、価格設定を見直し、最も競争力のある価格を見出してみましょう。

 

検索順位を上げましょう
Airbnbの検索順位は、良いレビューや素敵な写真など、ゲストの関心が高い項目を基準に決まります。下記に検索順位を上げる方法をまとめました。

 

  • 「今すぐ予約」をONにしましょう。簡単に使える「今すぐ予約」はゲストに大人気です
  • 予約リクエストをもっと承認しましょう。ID認証などの予約要件をいくつか追加すると、安心してより多くのゲストを受け入れることができます。
  • 特に予約に関するメッセージには素早く回答するようにしましょう。Airbnbアプリを使用することで連絡が簡単になります。 
  • 高評価を維持しましょう。高評価のレビューを獲得するホストのみなさまには、清潔さ、アメニティ・設備、記載情報の正確さ、スムーズなチェックイン、そして積極的なコミュニケーションを重視する傾向が見られます。

 

ゲストから重要な情報を引き出しましょう

高評価、低評価ともにゲストからのフィードバックを参考にして、リスティングを微調整しましょう。たとえば屋外のパティオが大好評だったら、ぜひその写真を掲載しましょう。一方、空港へのアクセスの不便さにゲストが驚いたら、そういった情報をリスティングの説明文内に明記し、今後のゲストに前もって知らせましょう。

 

ホスティングの大半は試行錯誤しながら学んでいくものです。学んだことを糧にリスティングを改善していけば、予約数が増え、ゲストの満足度も増し、高評価を得ることができます。そしてスーパーホストにもう一歩近づくことができるのです。

ラベル(1)
1 件の返信

Re: キーポイント:リスティング改善アプローチ

のさん
Sakai, Japan
Level 1

「今すぐ予約」にしたくても、民泊の省令にて「180日の営業日」が決めれれているので、この時期に残り30日を切って、「今すぐ予約」のままにしていると、30日以上の予約が入ったとき、法令違反になる。「今すぐ予約」にしたくても出来ない。このような場合、Airbnbで何らかのソフトを入れてもらえないのか?言いたいのは、「今すぐ予約」でも、残り営業日数を超える予約が入らないようにするとか。言っていることが分かりますか?東京や大阪のように、特区の場合は、365日(1年を通じて)営業できるが、大部分の他の地域は民泊の省令を遵守しなければならないため。予約の方法を残りの日数のみ出来るようにする手もあるが、来年4月以降ならまた、180日の適応になるのでその手はもったいない。

投稿する