スポーツとAirbnb:勝利の組み合わせ

Administrator
394 閲覧数

スポーツイベントは昔から常に、国際交流の旅の一翼を担う存在でした。大規模な世界的スポーツイベントほど世界を魅了するものはありません。何十年もの間、スポーツイベントに世界中の旅行者が集まり、遠い異国の人同士が1週間にわたる熱戦を通じて交流してきました。

 

Airbnb創業当初から、スポーツはAirbnbの人気アップの重要な要素となってきたと言えるでしょう。Airbnbコミュニティが世界的に広がり始めたばかりの2010年、サッカーファンはワールドカップ観戦のため南アフリカに向かいました。そのとき国中のホストは、約500人のゲストを温かく迎え入れ、この一大イベント期間中の予約から10万ドルを超える収入を得ました。1

 

以来、Airbnbコミュニティは大きな成長を遂げてきました。現在、世界中に600万件超のAirbnbリスティングがあり、これまで5億人を超えるゲストがAirbnbで宿泊したことになります。毎週、Airbnbのホストは大小さまざまなスポーツイベントに参加するファンを迎え入れ、体験ホストはゲストと一緒にユニークなスポーツ体験を行っています。世界をつなぐというAirbnbのミッションの実現に、スポーツイベントは大きな力を与えてくれました。言語や文化の壁を乗り越え、世界各地のコミュニティをひとつにつなげるのに、スポーツほど適したものはそうないでしょう。スポーツに言葉は要りません。

 

本日は、長年スポーツイベント開催地とともに発展してきたAirbnbの歩みがわかる最新データを発表します。この10年、Airbnbは大規模なスポーツイベントの開催地において、会期中の宿泊先不足に柔軟に対応する新たな受け皿となり、地域全体が潤う健全な旅を促進してきました。またスポーツイベントも、地域にホームシェアリングが広まる活性剤になり、新たな経済基盤が生まれ、閉会後も続く波及効果を地域にもたらしてきました。実際、世界中のAirbnbホストの44%はスポーツ観戦者の宿泊受け入れ経験があると述べています。英国では54%、米国では55%にも達します。2Airbnbは世界中のスポーツファンの間で利用が広まっており、最近登場したスポーツの体験プログラムもこの人気に拍車をかけています。

 

世界のスポーツファンを迎える開催地の力に

世界中どの自治体も、大型スポーツイベント開催は喜ばしい反面、財政負担がままなりません。驚異的な経済活性化メリットが生まれることは確かでも、ブルッキングス研究所や世界経済フォーラムなどからは、そのうちどの程度が地域住民の懐に入るかを疑問視する声も上がっています。3, 4また、特に宿泊施設不足が深刻な地域では、応援に来る旅行者の大量流入によって都市のインフラに負担をかけてしまうこともあります。そこでAirbnbは創業以来10年間、大型スポーツイベントを開催する自治体のインフラ整備の負担を軽減し、地域住民のみなさまが経済活性化メリットをより直接的に得られる仕組みを提供してきました。世界中から観客が集まる国際的なスポーツイベントほど、Airbnbの底力と本領が発揮されるものはありません。

 

2016年のブラジル・リオデジャネイロ五輪では、Airbnbは公式代替宿泊施設を提供しました。3週間の開催期間中、リオのAirbnbホストコミュニティは8万人を超えるゲストをホストし、既存の宿泊施設では足りない宿泊先を補うことができました。5そして、旅行の経済的恩恵をコミュニティにもたらさず、むしろ負担を強いる大規模観光とは異なり、Airbnbのユニークで健康的な旅行の形により、リオの住民自身が都市に旅行者が流入する経済的利益を実感できました。リオのホストはイベント開催中の数週間に入った予約から3,000万ドルを超える収入を得ることになったのです。6

 

2018年にサッカー界がロシアに舞い降りたとき、全国各地にリスティングを持つAirbnbホストは、イベントが行われた月に約300,000人のゲストを迎え入れ、その際の総収入は4,000万ドルを超えました。150か国以上(そして約8,000都市)からの旅行者がこの期間中にAirbnbのリスティングに滞在しましたが、その中で家族や大きなグループで旅行している割合がかなり高かったのが特徴です。宿泊したゲストのうち10%は家族で、17%は5人以上のグループでした。7Airbnb創業以来、ロシアでこれまで最も宿泊者が多かった20日はすべてこの期間中となっています。8

 

世界のメジャーなスポーツイベントの活況の波は、Airbnbの過去の予約データにもしっかりとあらわれています。9

 

イベント

開催期間中の

推定宿泊者数

開催

期間中の

推定

宿泊総収入

ワールドカップ(2014年、2018年)

391,000人

7900万ドル超

オリンピック(2012年~

2018年)

112,000人

3700万ドル超

スーパーボウル(2015年~2019年)

49,000人

2700万ドル超

NCAA全米大学バスケ準決勝・決勝

28,000人

800万ドル超

 

このパターンは2019年夏まで続くと予想されており、Airbnbの成長とともに、コミュニティから大型スポーツイベント中のホスティングに参加する人も増加すると見られます。現在の予約データに基づいて、世界および地域で行われるさまざまなスポーツイベント10について以下の通り予測しています。

 

開催

期間中の

開催都市での

推定宿泊総収入

開催

期間中の

推定

宿泊総収入

ブラジル、コパ・アメリカ

80,000人超

1100万ドル超

クリケットワールドカップ

(ロンドンを除く

英国)

150,000人超

約500万ドル

ラグビーワールドカップ(日本)

300,000人

4300万ドル超

ウィンブルドン選手権(ロンドン)

185,000人超

300万ドル超

 

スポーツで広まる、地域をあげてのホームシェアリング機運

スポーツイベントは、地域にホームシェアリングが広まる活性剤として、閉会後も続く新たな経済活動の機会をホストにもたらしてきました。

 

Airbnbの創業以来、スポーツイベントはそれまでコミュニティになかったホームシェアリングを広める大きな役割を果たしてきました。大型スポーツイベントの期間中、開催地はどこも宿泊施設がパンク状態になりますが、需要に柔軟に対応できるAirbnbのプラットフォームを活用すれば、自治体は新たな宿泊施設の建設といったインフラ整備の負担をする必要もありません。その代わりに、新たなホストが次々とAirbnbに参加し、コミュニティのリスティングは増え続けています。11

 

イベント

開催都市

開催前

半年間の

掲載増加率(%)

2018年冬季オリンピック

江原道(韓国)

123%

2016年夏季オリンピック

ブラジル、リオデジャネイロ

88%

2018年FIFAワールドカップ

ロシア(12の開催都市)

201%

2014年FIFAワールドカップ

ブラジル(12の開催都市)

221%

2017年スーパーボウル

ヒューストン

215%

2018年スーパーボウル

ミネアポリス

188%

2019年スーパーボウル

アトランタ

132%

2016年全米大学バスケ準決勝・決勝

ヒューストン

72%

2017年全米大学バスケ準決勝・決勝

フェニックス

30%

2018年全米大学バスケ準決勝・決勝

サンアントニオ

27%

 

世界に広まるスポーツコミュニティ

Airbnbは長年に渡り、アスリートやスポーツコミュニティ内で人気を保っていますが、テニス選手のように、数週間に渡るイベントのため他都市に頻繁に遠征する選手の間では特に人気があります。

 

そして、スキーからマリンスポーツまで身体を動かすアクティビティをしたいという人たちの間で、世界中で数多くのAirbnbの目的地が人気となっています。米国内、そして国際的にみて、スポーツに重きを置く都市はどこかデータを調べました。

 

米国トップのスポーツタウン(掲載中のリスティングに対して、スポーツに言及しているレビューの件数の割合で格付け)

  • ワシントン州ベリンガム
  • バーモント州バーリントン
  • ニューヨーク州バッファロー
  • ニューヨーク州アシュビル
  • オレゴン州ユージーン

 

世界トップ5のスポーツタウン(掲載中のリスティングに対して、説明文でスポーツに言及しているリスティングの件数の割合で格付け)

  • インド、カラングート(ウォータースポーツで人気のゴアの目的地)
  • フランス、ヒュエズ
  • スペイン、サビア(ハヴェア)
  • クロアチア、ポレッチ
  • キプロス、プロタラス

 

スポーツはAirbnb体験の人気を高める大きな推進力にもなっています。旅行者が旅先で新しい人と出会いながらもアクティブでいられるスポーツカテゴリの体験はAirbnbでも大人気。ここ1年の予約が最も多い体験の人気カテゴリTOP5に入っています。

 

現在その勢いは増すばかり。過去1年間で、スポーツ体験の予約数は前年比で380%増加しています。 ラテンアメリカとアジアの12か国は、スポーツ体験の目的地となりつつあります。

 

2018年5月と2019年5月のスポーツ体験の予約数に基づいた年間増加率が最も高い国

  • プエルトリコ
  • メキシコ
  • ベトナム
  • コスタリカ
  • イタリア

 

ブラジル、英国から日本に至るまで世界中のAirbnbコミュニティがスポーツイベントでいっぱいの夏を楽しみ、スポーツという共通言語によって世界が一緒になれるユニークな機会となるのを楽しみにしています。

 

体験機能宿泊先 について詳しく読む

 

1. 2010年6月11日〜7月11日の南アフリカに関するAirbnb社内データに基づく

2. 2019年1月にAirbnbが実施し、2018年にAirbnbを利用した体験について、世界中のホストやゲストから237,000件以上の回答を得たアンケートに基づく

3. 世界経済フォーラム、https://www.weforum.org/agenda/2018/06/world-cup-football-smart-investment-russia-host/

4. ブルッキングス研究所、https://www.brookings.edu/book/circus-maximus-the-economic-gamble-behind-hosting-the-olympics-and-th...

5. 2016年8月5日〜2016年8月21日のリオデジャネイロに関するAirbnb社内データに基づく

6. 2016年8月5日~8月21日のリオデジャネイロに関するAirbnb社内データに基づく

7. 2018年6月14日~7月15日に開催されたワールドカップのロシアの開催都市に関するAirbnb社内データに基づく

8. 2019年5月のAirbnb社内予約データに基づく

9. 以下の表は、各スポーツイベントの期間と開催地に関するAirbnb社内データを基にまとめたものです。

10. 以下の表は、Airbnb社内データを基に各イベントにおけるゲストの宿泊予約とホストの宿泊収入を予測し、まとめたものです。

11. 下表のデータは、以下の各イベントの期間と開催地に関するAirbnb社内データを基にまとめたものです。

12. 2018年5月~2019年5月のAirbnb年間予約データに基づく

ラベル(1)
0 件の返信
投稿する