スーパーホスト紹介コーナー:大切な人を亡くしたあとの暮らしに新たな光を見つける

Administrator
872 閲覧数

スーパーホストのMarianneさんは、ある日突然、たったひとりになってしまいました。一緒に改装をしたこだわりのお家で、夫のMikeさんが亡くなったのです。悲しみを乗り越えるため、Marianneさんは自らビジネスを立ち上げ、カリフォルニアの自宅に世界中のゲストを迎え入れました。ホスティングが新たな生きがいと、女性起業家としての誇りを与えてくれた、と彼女は語っています。

 

  家に人がいて、にぎやかであることには、それなりの利点があります。

 

Mikeを亡くした時は、 あまりの喪失感と虚無感にさいなやまされました。2017年の5月に彼が受けた手術は、日常的に行われているごく一般的なものでしたが、途中で合併症が見つかり、そのまま帰らぬ人となりました。手術のたった4日前には、二人で結婚26周年を祝ったばかりだったのに。

 

 夫を亡くしたあと、娘が私たちの家に戻って来て そばにいてくれました。けれども、1年ほど経って娘が引っ越してしまうと、突然ひとりぼっちになったさびしさに襲われました。

 

 ホスティングを始めたきっかけや理由は思い出せません。ただ、なんとなく、気にはなっていました。そして、2017年9月にオレゴン州の友達に会い行ったとき、Airbnbに滞在しました。ホストがとても素敵な人だったので、夫を亡くしたことなどを話したんです。この時から、もしかしたら自分もホストになれるかもしれない、と思い始めました。

 

夫 が亡くなって彼の年金も打ち切りになり、収入面でも大きな損失がありました。私自身も、教師、作家、庭師として働いていました。ただ、何かに集中するような精神状況ではなかったんです。

 

 それまでは、Airbnbでは簡単に収入を得られると気軽に考えていました。でも、実際はれっきとした仕事です。そして、一人の女性として、安全面での懸念もありました。ゲストルームと自分の部屋に鍵をつけましたが、実際に自室に鍵をかけたのは、夜遅くに男性がチェックインした時だけです。ホストをしている友人が、うちに来て欲しいようなゲストの気をひく家の説明を書いたらどうか、とアドバイスをしてくれました。そのおかげか、これまでとてもうまく行っています。ナイーブな考え方かもしれませんが、ほとんどの場合、人は良心に基づいて行動します。

 

Meet Marianne.png

 

ホスティングのおかげで、わずかながら、引きこもりが解消されました。家を掃除したり、外の世界と向き合う理由ができたからです。やっぱり、誰でも少しは頑張らないと。結果はすべて良しでした。 

 

新しいゲストに会うたびに、Mikeを思い出します。寂しいけれど、元気にもなるんです。

 

彼は、この家を改装するのが大好きでした。大工だったんです。1995年に購入したときはボロボロの状態でしたが、彼が修理を重ねてとても素敵な家に改装してくれました。訪れてくる人が、木工の仕上がりを見て、「わあ、すごいね!」と言ってくれるのを聞くと、彼のスピリットや存在を感じることができます。

 

私もとても嬉しくなるんです。自分だけじゃなくて、夫の分も一緒に喜んでいます。それをゲストのみなさんと共有できるのは、本当に素敵なことですよね。

 

ホストを始めたころは、夫を亡くしたばかりだとゲストに伝えていました。それから少しずつ、そこから自己紹介に入るのをやめていきました。

 

これまで、本当に素敵なゲストに恵まれてここまできました。サンタモニカに住んでいるので、ビーチ、埠頭、ヴェネツィアに行きたいゲストが多く、家にはあまりいません。私自身も、自分のスペースや静かな時間を必要としていたので、それがちょうど良かったんです。

 

でも、時にはコーヒー片手に、時には海風を感じながらポーチでワイン片手にブランコをこぎつつ、ゲストと話すこともあります。本当に分かり合えるゲストもいました。ベタに聞こえるかもしれませんが、人生は続いていくんだ、と思い出させてくれたんです。

 

Meet Marianne 2.png

 

 ある若い女性のゲストは、Mikeが亡くなったことを伝えたわけでもないのに、きっと家中に飾ってあった写真に気がついたんだと思います。数ヶ月前に事故でボーイフレンドを亡くしたと打ち明けてくれました。これをきっかけに、提供できるのはこの家だけでなく、大切な人を亡くした痛みを理解できる人に心を開ける場所だと気がつきました。私自身も、Mikeについて話せる人を見つけることができました。共通点があったこともあり、心からわかり合えたんです。その後も何度かメールのやり取りをしています。彼女がまたうちに来てくれるかどうかは別として、人生の辛い時期にわずかながらお互いを励まし合うことができました。

 

ホストとして シェアできるのは、お部屋はもちろんのこと、時としてそれ以上のものなのかもしれません。

 

 何もかも失ったと 感じていたにも関わらず、自分の家を開放することで、自分にも提供できるものがあることに気がつきました。

 

今では自活できるビジネスになりました。仕事やこれからの人生の方向について、すべて自分で決められるのは、本当に重要なことです。自分のビジネスを持っている女性には、パワーがみなぎっています。

 

ちょっと驚かれるかもしれませんが、見ず知らずの人を迎え入れる行為には、どこか神聖なものを感じます。ホストは、疲れた旅行者のガイドでもあります。心が痛んだり、傷ついたり、寂しい時は、こうした交流が一種の癒しとなるのです。

 

 

写真撮影:Marianne

ラベル(2)
0 件の返信
投稿する