年末年始のホスティングを最大限に活かす10の方法

Administrator
1,957 閲覧数

AB181779936.jpg

 

まもなく年末年始シーズンの到来です。予約が殺到する期間の準備はできていますか?高需要をうまく収入につなげる方法から、年末年始ならではの気づかいをお部屋に反映させる方法まで、ホストがこの時期を最大限に活用するためにできることが数多くあります。年末年始に役立つ10のヒントをご紹介します。

 

1. 予約が殺到する前に準備する

大みそかの予約率は極めて高く、Airbnbでも1年間で一、二を争う超繁忙日です。クロアチアのサグレブに住むBrankaさんとSilviaさんによれば、「通常、8月にはもう大晦日の予約が入っている」んだそう。予約が殺到するのは新年だけではありません。ゲストは通常何か月も前に旅行計画を立てるため、年末年始のカレンダーを更新するのに早すぎるということは決してありません。料金設定、予約可能状況、その他の要件を更新する前に予約が入ってしまうというような事態が起きないようにしたいものです。

 

2. ホスト自身の予定を 立てる

年末年始の予定はもうお決まりですか?ホスティングができない、もしくはできない可能性がある日付は予約不可能とカレンダーに設定する必要があります。ほかのサイトでもリスティングを掲載している場合は、カレンダー同期機能 を使用してダブルブッキングやそれに伴うキャンセルを回避するようにしてください。

 

3. 特別なイベントを考慮する

ディワリ、ハヌカ、クリスマス、クワンザなどの行事以外にも、都市によっては観光客が多く集まる特別なイベントが開催されることがあります。近々、地元で人気のお祭りやコンサートの開催予定はありませんか?カレンダーを設定する際は、このような日付を覚えておくことが重要です。地元の観光局から情報を得たり、ソーシャルメディアグループに参加したり、イベントアプリやウェブサイトに登録して、地域イベントの最新情報をチェックしましょう。

 

4. 戦略的な料金設定をする

簡単な市場調査を行って、年末年始に最適な料金を設定しましょう。ほかのAirbnbホストや地元のホテルなど、競合相手の料金設定を確認してみるのがおすすめです。また、こんな裏技もあります。「スマートプライシング」を使う方法です。スマートプライシングはご自身の料金設定や季節の需要など、料金に影響を及ぼす70項目以上の要因をもとに1泊料金を算出し、自動的に更新してくれます。利用の際は必ず最低料金を設定し、ご自身が納得できる料金額を確保してください。

 

5. 最低宿泊日数の導入を検討する

年末年始やその他重要な日付を把握できたところで、次はカレンダーの設定をカスタマイズしましょう。多くのホストが、需要の高い期間に最低宿泊日数を設定しています。最低宿泊日数を設定することで、収入を最大限に増やしながら、お部屋の管理と清掃にかかる時間を短縮できます。

 

6. ハウスルールを見直す

年末年始を目前に控えた今こそ、ゲストがお部屋でできること、できないことを明確にする最適なタイミングです!年越しパーティーの開催は許可しますか?ゲストは感謝祭の会食に家族を数人招待することができますか?この時期は必要に応じてハウスルール をより厳格にしたり、柔軟にしたりすることを検討してみましょう。同時に、ゲストには予約前にハウスルールへの同意を促してください。

 

7. 家族連れのゲストを迎える

子どもと一緒に旅行するゲストにとって、ファミリー向けのお部屋は何よりも魅力的です。ベビーベッド、ハイチェア、おもちゃ、ボードゲームなど子ども連れのゲストに喜ばれるアメニティ・設備を用意することでより多くのゲストを引きつけ、楽しく思い出深い滞在を提供できます。地元を最大限に楽しむための情報を提供するのも妙案です。ナッシュビルのスーパーホスト、Elsie さんは自身のガイドブックにそんな情報を掲載しています。「ガイドブックにファミリー向けのアクティビティに関する情報を入れておくと、とても喜ばれます」

 

8. 年末年始に合わせたデコレーションをする

ゲストの滞在をさらに特別なものにしませんか?年末年始ならではの飾り付けをしたり、地域伝統の食べ物や行事についてゲストに紹介したりするのもよいアイディアです。テキサス州ニューブラウンフェルズのホスト、KellyさんとLarryさんは「少しの気遣いで温かい家庭の雰囲気を感じてもらえます」と語っています。「自分が用意したマグでココアを飲むゲストや、ろうそくを灯したハロウィンのかぼちゃが飾られた玄関やクリスマスツリーの側でくつろぐゲストの姿を見るとうれしくなります」

 

9. 気候に注意する

年末年始の間、お住まいの地域には雪がたくさん降りますか?それとも、12月に夏が始まる地域でしょうか?ゲストは訪れる地域の気候について、よく知らない可能性があります。傘、雪かきスコップ、日焼け止めなどの必需品をそろえておきましょう。このようなアメニティ・設備はゲストが快適に過ごすためにとても重要です。ゲストが知っておくべきこと事前にきちんと伝えましょう。たとえば、カナダのオームズタウンのホストMonicaさんは、「雪が止めば私道はトラクターで除雪しますが、玄関の雪かきは階段部分も含めてゲスト自身が行う必要がある」と伝えています。

 

10. 常に安全を意識する

寒い時期はガスヒーター、発電機、煙突などを使用する頻度が高くなります。このような機器の使用では、火災や一酸化炭素中毒のリスクが高まります。リスティングには消火器を少なくとも1つ、さらに煙・一酸化炭素探知器を備え付けましょう。また、煙突や暖房の噴出し口を年に一度点検整備し、閉塞や腐食がないか確認しておくこともおすすめします。多忙な時期ですが、いくつかの予防措置を講じることで、安全面での不安要素をなくしてしまいましょう。

 

多忙な年末年始に楽しくスムーズにホスティングするためのみなさんおすすめのヒントは何ですか?以下のコメント欄でヒントをシェアしてください!

ラベル(1)
0 件の返信
投稿する