Airbnbの予約前メッセージ機能を最大限に活用しましょう

Administrator
1,945 閲覧数

ご来訪の目的は?お連れ様は?到着予定時刻は?Airbnbホストのみなさまは予約を受けると、さまざまな質問を頭に思い浮かべることでしょう。ホストの方々の多くは、ゲストが「今すぐ予約」機能で予約する前に、このような質問をして宿泊希望者のことをよく知ろうと試みます。もちろんこれは義務付けられているわけではありませんが、予約前のメッセージで聞きたいことを質問すれば、宿泊希望者についての情報を集め、予約手続きをシンプルにし、最初からゲストと良好な関係を築くことができます。

 

来月、Airbnbは「予約前メッセージ」機能の改善版をリリースします。これは、ゲストが今すぐ予約機能で予約する前にホスト様から挨拶をし、知りたいことをすべて質問できる便利なツールです (改善版では文字数上限が拡大しているので、たくさん書き込めるようになります。現在ウェルカムメッセージ機能を使用している場合でも、変更は一切必要ありません)。この機能を使えば、予約確定前に、予約手続き中の宿泊希望者にメッセージを読んで質問に答えてもらうことが可能になります。

 

ここでは、Airbnbの予約前メッセージ機能を最大限に活用する方法をいくつかご紹介します。

 

予約前メッセージ機能に関するホスト仲間からの5つのヒント

 

1. まずは宿泊希望者に感謝の気持ちを伝えましょう

 

コロンビアでホストをしているJuanさんは「信頼関係を築き、快適な滞在にする効果的な手段だと思う」と語ってくださいました。ほかにも、以下のようなヒントをいただいています。

  • 毎回、予約リクエストを送ってくださったことにお礼を述べたうえで、リスティングの詳細とハウスルールをよく読んで自分たちに合っているか確認するようにお願いしています。—Kathさん(オーストラリア、アルバニー)
  • 大切なのは、心のこもった挨拶!「このたびは、予約リクエストをお送りいただきありがとうございます。こちらは心も身体もリフレッシュできる、自然を求める方にはぴったりな場所。真心込めてお世話させていただきます。つきましては、以下の質問にお答えいただけますでしょうか。
    • ご来訪の目的をお聞かせください。
    • お連れ様はどなたですか。
    • 到着は何時ごろになりますか。
    • コテージでの滞在をご希望の理由をお聞かせください。」—Juanさん(コロンビア、メデジン)
  • 「お客様のお越しを今から楽しみにしています。つきましては、以下についてお答えいただけますでしょうか。
    • ダーラムご来訪の目的をお聞かせください。
    • チェックインは何時になりますか。
    • お連れ様はどなたですか。
    • 朝食の用意をご希望の場合、こちらで注意すべき食餌制限などはございますか。
    • ハウスルールについて何かご不明な点はございますか。
  • お返事お待ちしております。」—Aliceさん&Jeffさん(米ノースカロライナ州ダーラム)

 

2. 最も重要なことを尋ねましょう

 

ご自身とゲストの双方にとって満足のいく滞在となる要素(あるいはあまり満足できない滞在となる要素)を1つ挙げるとしたら何かを考え、予約前のメッセージで尋ねてみましょう。以下はホスト仲間の例です。

 

  • 私が一番知りたいのは、ゲストがこの地域に来る目的。これがわかれば、満足のいく滞在に向けて準備するのに役立ちます。たとえば、この街から2時間離れた場所を訪れるのがゲストの目的であれば、距離や車で行くのにかかる時間を教えてあげられるでしょう。記念日などの特別な日を祝うために来るのであれば、祝福の気持ちを伝えて、ちょっとしたプレゼントも用意したいですね。地域で開催されるイベントへの参加が目的であれば、イベントについてアドバイスしたり、イベント後のディナーにおすすめの場所を教えてあげたりするのもいいと思います。—Emiliaさん(米メイン州オロノ)
  • 非常に重要なことなので到着時刻を尋ね、受け入れ可能な一番早いチェックイン時間も再確認します。Airbnbのリスティングによって条件が異なること、ホテルとは違うことを納得してもらえるように心掛けたいですね。—Angeさん(米ニューヨーク州ニューヨーク)

 

3. リスティングとハウスルールをもう一度読むように促しましょう

 

予約前のメッセージを書く際には、ゲストに見過ごされがちなリスティングの重要な情報を確認するようにしましょう。フランスでホストをしているMarieさんは次のように語ってくれました。「ゲストの身になって考えるようにしています。理想的な部屋が見つかってうれしいあまり、あわてて予約してしまうことってありますよね。私自身、部屋を予約してから、シーツは用意してもらえないことに気づたなんていうことがありました。リスティングを再度読むようにホストから促されていたら、そんな間違いはしなかったと思います。」 ほかのホストの方々からも、次のようなアドバイスをいただいています。

 

  • これまでに、到着してから部屋が3階でエレベーターがないことを知ったゲストがいたので、このことは再確認するようにしています。—Beatriceさん(フランス、アヌシー)
  • 地域の供給制限により夜間は水不足が発生する可能性があることをあらかじめ伝え、必要に応じて水くみを申し出ることにしています。—Juanさん(コロンビア、メデジン)
  • 宿泊施設が市の中心街にあり、周辺にはごみごみした場所もあることがわかっているか確認するようにしています。—Helenさん(英国、ブリストル)
  • レイクビューとガーデンビューの部屋があるので、部屋の位置と部屋からの眺めがわかっているか確認するようにしています。—Anaさん(マケドニア、オフリド)
  • 禁煙、ペット禁止、パーティー禁止、宿泊者数の上限6人というハウスルールがあることも改めて確認し、これでリスティングがゲストのみなさんにふさわしいかどうかを判断できると説明しています。—Lindaさん&Richardさん(米テキサス州サンアントニオ)

 

4. ゲストがどんな人か知っておきましょう

 

各ゲストに合わせたおもてなしを提供できるよう、またホストとしての意欲をゲストに示せるように、ホストの方々は以下のようなアイディアをおすすめしています。

 

  • コーヒーは飲むか、好みのローストは何かを尋ねて、飲むゲストであれば、ローストしたてのコーヒーを到着前に買っておくことにしています。また、近所で工事がある場合は予約を承認する前にその旨を伝え、車で来るつもりのゲストには駐車規制や料金、交通渋滞などの関係から考え直すように伝えています。さらに、街で一番人気がある観光スポットについて触れ、チケットは最低2か月前までに購入した方がよいと教えてあげます。こうして、到着前からゲストのニーズに配慮していることを示せるようにしているのです。—Donnaさん(米カリフォルニア州サンフランシスコ)
  • 予約を受け付ける際は、ゲストに毎回同じことを尋ねています。何時に到着するか、希望のベッド数はいくつか、ベビーベッドやハイチェアは必要かなどです。—Jean-Pierreさん(フランス、モネス)
  • 私たちが住んでいるのは農業と観光が主産業の小さな街なので、以前に来たことがあるかどうか必ず聞くようにしています。初めての来訪であれば、レストランや営業時間、街の娯楽施設といった情報を提供します。必要であれば、アクティビティの計画もお手伝いしています。—Daphneさん(南アフリカ、モンタギュー)

 

5. ご自身のホスティングスタイルを示しましょう

 

ホストの中には予約前に質問をたくさんする人もいれば、まったくしない人もいますが、ホスト仲間は、予約前のメッセージで質問をする際には自分たちのホスティングスタイル(おおらか/厳格など)を反映させることをおすすめしています。これは、自分たちにふさわしいリスティングかどうかをゲストが判断するのにも役立ちます。

 

  • 私はまったく質問しません。旅行の目的を聞くなんて、とても無神経なことだと思います。同居型のお部屋ではないので、私の関知するところではありませんし。—Ilonaさん(スペイン、トレモリーノス)
  • ほとんどのゲストは予約リクエストに詳しい情報を記載してくれますが、ゲストからの最初のメッセージが手短なものであれば、次の質問には必ず答えてもらうことにしています。
    • リスティングの説明全文をよく読み、一番下までスクロールしてハウスルールも読みましたか。
    • ハウスルールを遵守し、宿泊施設を大切に扱いますか。
    • 予約を確定する前に、不明な点について確認しましたか。
    • 到着予定時刻を知らせることの重要性をご理解いただいていますか。また、何らかの理由で予定の時刻に到着できない場合は、速やかにご連絡いただけますか。
    • 予約が確定した後、旅程表をよく読み、日付と宿泊者数が正しいこと、および玄関ドアのコードといった到着時の情報をご確認いただけますか。—Sarahさん(メキシコ、サユリタ)
  • 詳しい情報を欲しがるホストの気持ちもよくわかりますが、最初のメッセージでゲストを質問攻めにするのは好きではありません。私が求めるのは、ペットも含めてゲスト全員の氏名だけです。経験上、自ら進んで詳しい情報を提供しないゲストについて必ずしも心配する必要はないと考えています。コミュニケーションの仕方は人によって異なるものだと思うので。—Suzanneさん(米ノースカロライナ州)

 

予約前のメッセージを保存しておくと、今すぐ予約機能を使った宿泊希望者に自動的にそのメッセージが届きます。予約前のメッセージを一度作成しておけば、予約手続きをシンプルにし、さまざまな不安を取り除けるほか、素晴らしい滞在になることをゲストに事前に伝えることもできます。予約前メッセージ機能をぜひご活用ください!

ラベル(1)
1 件の返信

Re: Airbnbの予約前メッセージ機能を最大限に活用しましょう

のさん
Sabae, Japan
Level 1

ざくろの宿は、日本の田舎生活を体験したい方向けの宿です。ホテルのようなサービスはありません(タオル・浴衣・歯ブラシ)他、お風呂はありますが徒歩2分の温泉施設ラポーゼかわだ(550円)をお勧めしています。当宿は、築50年の日本の古民家です。福井県の観光では恐竜博物館・永平寺・東尋坊が有名ですが、この地区は、日本の伝統工芸越前漆器・越前和紙・越前打ち刃物・越前焼きが有名です。また最近できたピクニックツリーいけだもネット検索して下さい。それぞれの施設はインターネットで検索できます。

是非福井県観光の拠点に利用下さい。ざくろの宿 こうじもと

投稿する