Airbnb創業者からのメッセージ

Administrator
1,531 閲覧数

Airbnbではコミュニティのホストのみなさまが厳しい状況に直面しておられること、また、今後さらに多くのご質問が生じ、不安が広がる可能性について十分理解しております。

 

Airbnbの共同創設者であるブライアン・チェスキー、ジョー・ゲビア、およびネイサン・ブレチャージクは本日、この困難な時期にホストのみなさまを支援し、コミュニティに参加するすべての方々の安全を確保するよう、決意を新たにしました。ホストのみなさまへのメッセージをまだご覧いただいていない方のため、こちらで創設者の声をお伝えします。

 

 

ホストのみなさまへ

 

現在の世界的な危機的状況により、多くのみなさまが予約数の大幅な減少や多数のキャンセルに直面していらっしゃいます。特にここ数日間は、すべての人にとって困難であり、混乱を引き起こす状況となっています。Airbnbでは可能な限り透明性を保ち、積極的に取り組んでいくことを目指しています。

 

何よりもまず、ホストのみなさまとAirbnbはパートナーとしてともにこの危機を乗り越えていくということをお伝えします。Airbnbの成功は、ホストであるみなさまの成功にかかっています。Airbnbは、この非常に困難な時期を乗り切るための行動計画の作成に昼夜をかけて取り組んでおり、今後数週間のうちに、できる限り早くその計画について発表する予定です。

 

次に、世界保健機関のパンデミック宣言を受け、Airbnbでは土曜、ポリシー適用対象となる予約に対し、Airbnb手数料を含む全額返金でのキャンセルをすべてのゲストに許可するポリシーを全世界で導入するという厳しい決定を下しました。この決定がみなさまの多くにとって非常に過酷なものであることは理解しております。ホストのみなさまの多くは、すでに設定されたポリシーの枠を越えてキャンセルを受け入れていらっしゃいました。みなさまからは、競合他社がしなかったこのような決定を下した理由を尋ねる声が寄せられています。Airbnbの決定の背後にある考えを理解していただきたいと思っております。

 

今回のパンデミックにより、さまざまな都市や国は非常体制に入っています。現在の危機において、Airbnbは一般とAirbnbコミュニティのみなさまの健康を第一優先に考えています。Airbnbでは、ゲストが安全ではない状況に身を置く決断を下したり、予約があるからといって公衆衛生上の危険を招いたりするような事態は望んでおりません。政府や保健専門家の指示のもと、今回の決断は責任ある行動であったと考えております。

 

新型コロナウイルスがAirbnbコミュニティに打撃を与えたことは誰にとっても明らかですが、これは一過性のものであり、旅行は再び予約されるようになるでしょう。ゲストは長期滞在の予約や近場での滞在にAirbnbを使用し始めており、この困難な状況をできるだけ早く切り抜けられるよう、私たち全員が協力し合うことが重要です。「人とつながりたい」という願望は、私たちすべてに共通するもので、私たちは再びつながるときが来ます。しかし、現時点でのAirbnbの最優先事項は人々の安全を確保することにあります。

 

私たちはパートナーです。ともにこの困難を乗り越えていきましょう。

 

Airbnb創設者

ブライアン、ジョー、ネイサンより

2 件の返信

Re: Airbnb創業者からのメッセージ

のさん
Osaka, JP
Level 2

日本はすでに終息に向かっており、決断のタイミングに対して、現実との乖離を感じるのは否めません。

決断するなら、日本人の私たちが最も懸念していた1月や2月にしてほしかったです。

そのころに、サポートに相談してもなんらヘルプを得ることができなかったため、仕方なく様々な自衛策を講じ、酌量すべき事情でのキャンセルを申し出たこともありますし、受け入れたこともあります。

世界規模のサービスなので、すべての基準がアメリカにあるのもおかしな話です。

世界的で、柔軟性に富んだ企業というイメージを持っていただけに、トップダウン的な思考回路にとらわれているようにみえて少々がっかりです。

各国の法人のトップが判断し、他国のトップと連携する。本社はすべて掌握したうえで。。という形がベターなのではないかと思うのですが。。

Re: Airbnb創業者からのメッセージ

のさん
Tokyo, Japan
Level 1

このコミュニティに投稿されている様々な現状ホストさんのコロナ騒動ポリシー変更の意見にairbnb日本法人の経営陣が真摯には対話する事も必要ではと、zoomなど活用して、、

投稿する