【Airbnb】Airbnbが答えます!予約率UPの決め手はずばりココ

Administrator
1,391 閲覧数

rsz_18150150_london-002_optimized.jpg

 

質問:「予約を増やすにはどうすればいいのですか?」

 

これは予約する方々にお話を伺ってみないことには、はじまりませんよね。さっそくゲストのみなさまにAirbnbの宿泊予約で重視するポイントが何かを尋ね、予約行動のデータを解析しながら、閲覧を予約に変える秘密を探ってみることにしました。

 

するとわかったのは、料金、レビューの次に、何よりも重視される決め手は「写真」だということです。実際リスティングの閲覧の60%は写真クリックからの流入で、予約をせずに離れていくゲストの40%以上は最後に写真を見て去っていたのです!つまり、呼び水にもなればその逆にもなるということで、写真は本当に重要。ここ一番の写真にする努力が欠かせないことが改めてわかりました。

 

まだの方はぜひスマホやカメラできれいに撮るヒント(英語)を参考にしてみてください。もっと上のリスティング(と成果)を目指したいなら、思い切ってプロに頼んでみるのもよいでしょう。

 

プロによる写真といえば、これを載せているリスティングは通常のリスティングより、注目度と成果が高めな傾向があることも社内の調査で確認されています。具体的な数字で見てみると、次のような開きがあります。

 

    • 成約率が16%アップ
    • 予約合計金額が39%アップ(=長めの滞在が好まれる)
    • 28%予約泊数がアップ
    • 1泊平均単価も26%アップ

 

ご存知のとおり、Airbnbはプロフォトグラファーを紹介するサービスを世界中で展開中です。撮影依頼は前払い不要で、代金は納品後の予約の受取金から差し引かれるシンプルな仕組みです。

 

まだ対象エリアに含まれていない場合は、ぜひお住まいの地域のプロカメラマンに頼んでみることを一度ご検討ください。

 

お部屋の魅力がひと目でわかる写真を用意したら、次に大事なポイントは写真の説明です。よい写真には、よいキャプションも必要。誰も読まないと思ったら大間違いで、キャプションはゲストに結構読まれています。キャプションには大きく分けて2つの役目があります。予約検討中のゲストにお部屋のユニークな魅力をPRすること、そして、期待の行き違いを防ぐことです。きれいなベッドをただ写真で見せても、寝心地まではわかりませんので、そういうところは文章で伝えましょう。あとたとえば、一見ひんやりしたタイル貼りの浴室に見えて実は床暖房ということもありますので、そんな写真だけではわからないことを文章で補うイメージで進めてみましょう。ここがうまく書けると、ゲストも泊まったときの自分をイメージできるようになります。

 

ちゃんと時間をかけて写真と文章でお部屋の魅力をアピールすることにより、旅行者の興味をもっと引き寄せることができますし、何よりも オンラインのリスティングが隅々まで行き届いていると、「オフラインでもちいさなことにまで心配りの効くホストさんみたいだな」と思ってもらえます。その意識でがんばってみましょう。

 

ホストQ&Aライブのまとめ、続きはこちらからどうぞ。

0 件の返信
投稿する