Lauraからの手紙:個室ホストとの滞在で学んだこと

のさん
Redwood City, CA
Level 10
664 閲覧数

2019年5月20日

 

みなさま、こんにちは。4月の審査で認定基準をクリアしてスーパーホストのステータスの獲得・維持を達成し、おめでとうございます!私もAirbnbで働いてきた時間が長くなるにつれ、スーパーホストになることがどれだけ大変なことかを日々実感しています。世界中のゲストに素晴らしい体験を提供し、Airbnbのホスピタリティ基準を設定していただいているみなさまに、心から感謝しています。

 

多くの方はすでにご存知だと思いますが、Airbnbでの私の役割は、みなさまのようなホストのためにプロダクト、コミュニティ、そしてリソースを構築するチームの監督をすることです。昨年の7月にAirbnbに入社したとき、私の最優先事項の1つは、できるだけ早くホストとホスティングの世界に身をおくことでした。素晴らしいホスト(そしてスーパーホスト!)のみなさまから多くを学び、役に立つヒントを集めてホストコミュニティとAirbnbのチームに持ち帰るためです。そこで、実経験に勝るものはないと考え、この学びの一環として週に1回個室に泊まってみることにしました。幼い子供が3人いるので、私にとっては大きな挑戦でしたが、楽しく、また時には想定外の発見がある、実りの多い経験でした。きょうは、ここ数か月で学んだことをぜひお話しさせてください。


個室に滞在する中で、私にとって一番の楽しみのひとつは、みなさまのようなスーパーホストに会うことでした。Airbnbでは、161,000人を超えるスーパーホストが個室をシェアしています。これは、スーパーホストの実に29%にあたります。個室のリスティングはゲストにも人気です。2018年には、個室の予約が数千万件にものぼり、Airbnbの全予約のなかでも大きな割合を占めました。  個室のホストとリスティングは、私たちのコミュニティでも非常に重要な部分なのです。

 

今回の個室での滞在には、3つの目標がありました

  1. さまざまな経験をする(料金が異なるリスティング、新米ホスト、Airbnb Plusホスト、スーパーホストなど)
  2. 個人的な交流を行う(事前にホストに連絡を取って彼ら自身の経験について話を聞き、Airbnbがより効果的にサポートできる方法について考えを共有しました)
  3. 学んだことを蓄積する(ゲストとしての体験はどうだったか?ホストをさらにサポートするにはどうしたらいいか?他のホストが学ぶべきこのホストの素晴らしさは何なのか?)


結果的に、私は何を学んだのでしょうか?まず、最初の大きな要点は、ゲストの期待値の設定を改善するには、もっとサポートが必要であること(そうすることで、レビューの改善につながります)。これはすべてのホストに重要なことですが、ゲストとバスルームやキッチンを共用することの多い個室ホストにとっては非常に重要です。私たちサイドから見ると、まずは分類だと思います。Airbnbのさまざまなタイプのリスティングをよりうまく区別するにはどうすればよいでしょうか?特に、最近では、お家やお部屋に加えてB&Bやブティックホテルなどのリスティングが増え始めているので、考える必要がありそうです。たとえば、リスティングに猫がいることをゲストに明確に伝えるために、私たちができるサポートは?(私はどちらかというと犬派ですが、滞在中にたくさんの猫と友達になりました!)

 

次に、どうすれば素晴らしい滞在になるのかについて、ゲストの視点から多くのことを学びました。ゲストとして嬉しかったことはたくさんあります。中でも重要だったのは、ゲストの立ち入り範囲はどこか、また使用可能なものは何か(シャンプー、冷蔵庫の中、表示のないドアの向こう側など)が明確に知らされていることでした。家の中の同居人・宿泊人についてホストに教えてもらえると、とても安心しました。ほかの同居人の時間のリズムがわかると、迷惑がかからないように気をつけることができて、ゲストとして本当に助かりました(私は早起きなので、ほかの人を起こさないよう常に気をつけました!)。

 

実際コミュニティセンターでは、個室をホスティングする際の素晴らしいヒントを多くのホストのみなさまに共有していただいています。(こちらのスレッドは特に印象的で、こちら記事についての コメントも面白かったです)。今後も、この件についてぜひご意見をお聞かせください。また、個室のホストが成功するために私たちができることについても、ご意見お待ちしております。以下のコメント欄でご意見をお聞かせください。

 

最後に、そしておそらく最も重要だったのは、ホストの素晴らしいコミュニティについて再確認できたことでした。例えば、障害を抱える子どもたちの世話をする柔軟性が欲しくてホスティングを始めた方に出会いました。また、大幅な減給にもかかわらず、信念に基づいて非営利セクターで働くホストとも出会いました。ホストになることで、彼らは自分のやりたいことをやるための金銭的余裕を持つことができたのです。さらに、ゲストと素晴らしい関係を築いたホスト(多くのゲストが常連となっています)や、子供が大学に通う間、家を維持できるようにホスティングを始めたホストにも出会いました。Airbnbが世界中の人々をつなげるお手伝いをし、ユーザーの目標と情熱をサポートしていることを誇りに思います。

 

お城の空き棟、まるまる一軒家、アパート・マンションの空き部屋など、何をシェアしているにしても、スーパーホストのステータス獲得・維持、誠におめでとうございます。次の滞在では、ぜひみなさまにお会いできることを願っています。それまで...

 

… ハッピー・ホスティング!Lauraより

 

--------------------

Lead, Airbnb Core Hosts & Community

Here's my Community Spotlight!

What are your favorite notes from your guests?

 

ラベル(1)
0 件の返信
投稿する