地域の子供たちに大きなプレゼント

のさん
Gonohe, Japan
Level 10
503 閲覧数

 先月の末にTOCOLという災害で被災された地域や過疎地域の子供たちに教育機材の無償提供や支援活動を行っている法人から組み立て式天体望遠鏡6台が送られてきました。これらの機材はこの法人で現在展開している全国各地の子供たちに1,000台の天体望遠鏡を無償で提供する「千の星空プロジェクト」キャンペーンに申し込んで送られてきたものです。昨年から地域のこども放課後教室の活動に参加するようになってこれまでスタッフ持ち回りで毎月1,2回ほど担当として教室を開催しています。残念ながら先月はCOVID19の影響でまったく活動できない状態になっていました。幸いなことにこちら青森では感染拡大の影響は今の所、限定的なので来週以降は小学校の新学期が始まる予定になっています。そこで活動再開に備えて先週から送られてきた天体望遠鏡の組み立てを始めています。
P4053049.JPGこちらの画像が組み立てを終えた天体望遠鏡です。一見おもちゃっぽく見えますがスマホをモニター代わりに利用してモニターを通して天体観察できるかなり本格的な仕様です。1台組み立てるのに半日ほどかかるので昨日までに4台完成しました。後二日ほどですべて組み上がる予定です。この天体望遠鏡は活動しているこども放課後教室に参加している子供たちに今月から貸し出して家に持ち帰ってもらい自宅にいながらにして田舎の星空を堪能してもらいたいと考えています。このところ1ヶ月以上、子供たちと顔を合わせていないので来週再会してプレゼントを渡すことを今からとても楽しみにしています。

0 件の返信
投稿する